痴漢で逮捕されてしまったら? 逮捕の要件や期間、嫌疑をかけられた際に注意すべきこと

痴漢の容疑がかけられた場合の逮捕の2つの種類

逮捕とは、警察官などが、逃亡や証拠の隠滅を防ぐため、比較的短期間身柄を拘束することをいいます。痴漢の容疑の場合には、現行犯逮捕と通常逮捕が考えられます。現行犯逮捕の場合には、警察官だけでなく、一般人が逮捕をすることもできる一方、通常逮捕の場合には、後日、警察官から逮捕状を示されての逮捕になります。

逮捕の要件や必要性・期間

逮捕の要件

逮捕される場合、基本的に①被疑者が罪を犯したことを疑うに足りる相当な理由、②逮捕の必要性の両方が要求されます。また、通常逮捕の場合には、さらに逮捕状が必要となります。

罪を犯したことを疑うに足りる相当な理由

被疑者が認めていない場合には、被疑者が痴漢をしたと考えられる、客観的な事実が必要となります。すなわち、被害者の証言だけではなく、痴漢をした瞬間の目撃者がいる、被疑者の手から被害者の衣服の繊維が採取された、防犯カメラ等で犯行状況が明らかになっている等、様々な事実と照らし合わせて、判断されることになります。

被疑者が認めている場合には、被疑者と被害者の供述の整合性等により、判断されることになります。

逮捕の必要性

逮捕とは、被疑者が逃亡すること、罪証を隠滅することを防止するために行われます。そのため、逃亡のおそれが低い場合、罪証を隠滅するおそれが低い場合には、逮捕の必要性がないということになります。具体的にはどのような場合をいうのでしょうか。

逃亡のおそれ

逃亡のおそれとは、被疑者が逮捕により身柄拘束をしなければ行方をくらませるおそれがあるかどうかということです。したがって、住所不定者、定職についていない者、家族などの身寄りがいない人などは、現在の生活を捨てて、行方をくらませる可能性が高いと判断され、逮捕の必要性が認められやすくなります。また、法定刑が重いほど、関与の度合いが高いほど、刑が重くなる可能性が高く、その場合にも逃亡の動機が高いと判断されます。

罪証隠滅のおそれ

罪証隠滅のおそれとは、身柄を拘束しなければ証拠を隠滅する可能性が高いのかどうかということです。
共犯者がいるような詐欺罪や被疑者と被害者、目撃者等が知り合いである場合は、被疑者が共犯者や被害者、目撃者に自分に不利な供述をしないように働きかける可能性があるため、逮捕の必要性が認められやすくなります。また、事件の全貌が分かっていないと捜査機関が判断する場合にも、被疑者を拘束しないと証拠の隠滅が行われる可能性があると判断され、逮捕の必要性が認められやすくなります。

逮捕の期間

逮捕された場合には、警察署の留置場に入れられることになります。逮捕の効力は最長で72時間ですので、逮捕された場合には、最大で2泊3日を留置場で過ごすことになります。

嫌疑をかけられた際に注意をすべきこと

痴漢をやっていた場合

痴漢をやっていて、自分がやったことに対して嫌疑をかけられた場合には、素直に認め反省した方が身柄拘束期間が短くすむ場合が多いです。また、認めることにより、示談を行う等の活動を弁護士に依頼することで不起訴になる可能性も高まります

もっとも、認める場合であっても、取り調べで作成される調書は、自分の供述が正しく反映されたものかきちんと確認してから署名指印するようにしましょう。

痴漢をやっていない場合

痴漢をやっていないにもかかわらず、痴漢の嫌疑がかけられた場合には、はじめにはっきりその旨を伝えましょう。また、逮捕される前であれば、任意の取り調べですので、必ず取調べを受けなければいけないわけではありません。また、取調べを受ける場合には、自分の供述が正しく反映されているか、きちんと確認をしてから調書に署名指印をしましょう。調書に対する署名指印は義務ではなく、任意で行うものですので、自分の供述が正しく反省されていない箇所があれば、署名指印を拒否したり、訂正してもらう権利もあります。ですので、取調べを受けることになっても、自分の意に沿わない調書の作成は阻止するようにしましょう

関連記事

  1. 前科・前歴の意味や生活への影響とは(仕事・旅行編)
  2. 示談書は作る必要ある?示談書を作成する意味とは
  3. 接見とは? 逮捕後から勾留されるまでは弁護士しか接見できないのは…
  4. 盗撮や痴漢で捕まってしまったときに適用される「迷惑防止条例違反」…
  5. 身柄拘束に不服なら準抗告を!準抗告の意味と重視される事情とは?
  6. 示談金の額はどのように決まる?示談で重視すべき事情とは?
  7. 接見禁止とは?接見禁止の効果は?どのような場合につくの?
  8. 警察沙汰になってしまった場合の仕事に対する影響とは