在宅事件とはどのような事件ですか?

A. 在宅事件は、捜査中であっても通常の生活を続けることが可能です。

これに対して、身柄拘束をして捜査する事件を身柄事件と呼びます。
なお、在宅事件は、あくまで身柄拘束をされないだけですので、起訴されないわけではありません。弁護活動が重要であることに変わりはないです。

関連記事

  1. 盗撮で逮捕された場合、必ず前科がついてしまいますか?
  2. 家族が本人に面会する際に、どんな制限がありますか?
  3. 盗撮で逮捕されてしまっても不起訴にしてもらえる事はありますか?
  4. 接見禁止がついているので、面会は無理だと言われました。どうすれば…
  5. 強制わいせつ事件で示談できない場合もあるのでしょうか?
  6. わいせつな行為をした相手が13歳未満とは知らなかった場合も強制わ…
  7. 私選弁護人と国選弁護人の違いはなんですか?
  8. 正式に弁護士を依頼する前に、とりあえず本人に会いに行ってもらうこ…