弁護人は実際にどんなことをしてくれますか?

A.被疑者と被告人の利益を守るために活動します。

早期の身柄解放のため、検察官や裁判官に意見を述べます。必要があれば準抗告・保釈等の請求をします。また、起訴されないように、被害者と示談等の活動を行っていきます。裁判となった際には、被告人に有利な事情を提出し、執行猶予などの判決が得られることを目指します。

関連記事

  1. 保釈とは何ですか?弁護士を頼むメリットとは?
  2. 面会に行けないのですが本人と電話で話せますか?また、手紙は届きま…
  3. 示談が大切な理由を教えてください。
  4. 強制わいせつ事件で示談をする場合、どのタイミングでの示談が一番良…
  5. 痴漢で逮捕された場合、必ず前科がついてしまいますか?
  6. 痴漢事件の被害者と示談したいと考えています。どのようにしたら被害…
  7. わいせつ行為とはどのような行為をさしますか?
  8. 私選弁護人と国選弁護人の違いはなんですか?