私選弁護人と国選弁護人の違いはなんですか?

私選弁護人・・・本人、あるいは家族などが弁護の依頼をした弁護士です。
国選弁護人・・・国が被疑者や被告人のため、選任を行った弁護士です。

国選弁護人への依頼を行うのであれば、以下の点に注意する必要があります。
1.一定以上の資力(財産)がある場合は、弁護士会へ私選弁護人の紹介をする申出が必要とされる。
2.原則、被告人側から選任をされる。
3.身柄の拘束をされていない被疑者には国選弁護人は選任されない。

関連記事

  1. 面会に行くにあたっての注意事項はありますか?
  2. 痴漢事件の場合、強制わいせつ罪や迷惑防止条例違反になる事が多いよ…
  3. 痴漢で逮捕された際、弁護士に依頼する事は、どのようなメリットがあ…
  4. 強制わいせつ事件で示談となる場合、どのような内容になるのでしょう…
  5. 接見禁止がついているので、面会は無理だと言われました。どうすれば…
  6. 未成年に対してわいせつ行為をしてしまいました。このような場合、誰…
  7. 正式に弁護士を依頼する前に、とりあえず本人に会いに行ってもらうこ…
  8. 初犯と再犯では再犯の方が罪が重くなりますか?