接見禁止がついているので、面会は無理だと言われました。どうすればよいでしょうか

A.接見禁止とは、弁護人以外の者が被疑者と面会をすることや、その他の交信手段を制限することです。

接見禁止が付いている場合は、家族であっても被疑者と面会することはできません。
その場合、弁護人は家族との面会を実現できるよう活動します。接見禁止に対する不服を申し立てるか、一部でも解除するよう裁判官に働きかけていきます。また、弁護人は被疑者と接見することができますので、弁護人に伝言を頼むことは出来ます。

関連記事

  1. わいせつな行為をした相手が13歳未満とは知らなかった場合も強制わ…
  2. 夫が警察(署)に逮捕されてしまいました。これからのどのようになる…
  3. 未成年に対してわいせつ行為をしてしまいました。このような場合、誰…
  4. 私選弁護人と国選弁護人の違いはなんですか?
  5. 盗撮で逮捕された場合、必ず前科がついてしまいますか?
  6. 痴漢事件の場合、強制わいせつ罪や迷惑防止条例違反になる事が多いよ…
  7. 痴漢で逮捕されてしまっても不起訴にしてもらえる事はありますか?
  8. 盗撮事件の場合、迷惑防止条例違反になる事が多いように思いますが、…