接見禁止がついているので、面会は無理だと言われました。どうすればよいでしょうか

A.接見禁止とは、弁護人以外の者が被疑者と面会をすることや、その他の交信手段を制限することです。

接見禁止が付いている場合は、家族であっても被疑者と面会することはできません。
その場合、弁護人は家族との面会を実現できるよう活動します。接見禁止に対する不服を申し立てるか、一部でも解除するよう裁判官に働きかけていきます。また、弁護人は被疑者と接見することができますので、弁護人に伝言を頼むことは出来ます。

関連記事

  1. 弁護人は実際にどんなことをしてくれますか?
  2. 痴漢を犯したのが成人の場合と、未成年の場合では、何か違いがありま…
  3. わいせつな行為をした相手が13歳未満とは知らなかった場合も強制わ…
  4. 痴漢で逮捕されてしまっても不起訴にしてもらえる事はありますか?
  5. 正式に弁護士を依頼する前に、とりあえず本人に会いに行ってもらうこ…
  6. 痴漢で逮捕された際、弁護士に依頼する事は、どのようなメリットがあ…
  7. 痴漢で逮捕され大変反省しています。示談金以外で被害者の方に反省の…
  8. 逮捕をされると、その後いつまで身体を拘束されますか?