逮捕をされると、その後いつまで身体を拘束されますか?

A.身体拘束には、大きく分けて逮捕と勾留があります。

逮捕には、現行犯逮捕、緊急逮捕及び通常逮捕があります。いずれも、身体拘束から72時間以内に事件を検察官に送致して、検察官が勾留請求をしない限りは釈放されます。つまり、逮捕の効力が生じるのは、72時間であるということです。
検察官の勾留請求に対し、裁判所が勾留決定をすると、勾留の効力によって身体拘束されることになります。勾留の効力は10日です。この10日を経過してもなお、身体拘束をしなければならない「やむを得ない事由」がある際は、さらに最長で10日勾留延長の効力により身体を拘束されてしまいます。
その身体拘束中に起訴されると、自動的に起訴後勾留に切り替わります。(刑事訴訟法208条1項反対解釈)まず2カ月間起訴後勾留の効力によって身体を拘束され、その後、1か月ごとに更新されて身体拘束が続くことになります。

関連記事

  1. 強制わいせつ事件で示談できない場合もあるのでしょうか?
  2. 強制わいせつ事件で示談をする場合、どのタイミングでの示談が一番良…
  3. 強制わいせつ事件で示談となる場合、どのような内容になるのでしょう…
  4. 私選弁護人と国選弁護人の違いはなんですか?
  5. 痴漢事件の被害者と示談したいと考えています。どのようにしたら被害…
  6. 正式に弁護士を依頼する前に、とりあえず本人に会いに行ってもらうこ…
  7. 痴漢で逮捕された場合、必ず前科がついてしまいますか?
  8. 痴漢事件の場合、強制わいせつ罪や迷惑防止条例違反になる事が多いよ…