前科をつけたくない-不起訴の獲得-

不起訴処分になれば前科はつかない!

不起訴処分になれば前科はつきません。しかし、前科がつくと将来的にさまざまな不利益を被る可能性があります。そのため前科をつけないためには、不起訴処分を獲得することが重要になります。ネクスパート法律事務所では前科がつけないように不起訴獲得に向けて、弁護活動を全力で行います。

前科がつくことで生じる悪影響とは

  • 罰金や実刑などの刑罰が言い渡されます。
  • 前科調書に記録されます。
  • 自分の資格取得と職業が制限されるケースがあります。
  • 親族の就職等などに影響するケースがあります。

有罪になることで前科がつきますので、罰金や実刑といった刑罰が言い渡されることになります。前科は戸籍や住民票に記載されませんが、検察庁で管理している前科調書に記録されてしまいます。また、自分自身の資格や職業が一定期間制限されることに加え、親族の就職などの際に親族調査が行われると悪影響を与えてしまうかもしれません。

前科がつくことで制限が生じる職業とは

運転免許など私たちの日常生活にとって身近な資格は、前科の有無によってその取得が制限されることはありません。しかし、公務員や自衛隊員、検察官、弁護士、裁判官、保育士、介護福祉士、不動産鑑定士、宅地建物取引主任者、建築士、貸金業者、教職員など公的な資格の多くは前科が付いてしまうことで、所持している資格は停止となり、新たに資格を取得することも制限されてしまいます。
※ 執行猶予の際も執行猶予期間の満了まで制限が生じてしまうケースもあります。

不起訴処分を獲得し、前科をつけない為に、弁護士だからできること

示談交渉

まず第一歩として、被害者と示談交渉をすることが重要です。被害者との間で示談が成立していると、不起訴処分が相当であるとの判断をしてもらう可能性が高くなります。
示談交渉は、専門的な部分もあるので、お気軽に弁護士にご相談ください。

検察官へ交渉

次に、検察官にも直接交渉いたします。
検察官に、いかに不起訴相当であるか、意見書を提出いたします。
検察官の交渉も、弁護士としては取り扱うことが多いので、お任せください。

ネクスパート法律事務所では不利益となる前科がつかないよう、逮捕直後の早い段階から全力でサポートいたします。被害者との示談が不起訴処分の獲得のためには大切です。弁護士が示談成立のために被害者の方と粘り強く交渉します。また、疑われている犯罪に関して十分な証拠がないなど、被疑者にとって有利な事情を収集し、捜査機関や検察官に対して不起訴処分が妥当であると強く交渉をしていきます。

不起訴処分を獲得する為には、早急な示談交渉などスピードが重要です。
前科をつけないためにもお早めにご相談ください。

もっと詳しく知りたい方はコチラ



  • 逮捕されたら

    刑事事件は対応のスピードが重用です。逮捕された場合、ご家族であっても72時間は面会が認められていません。できるだけ早期に弁護士に相談を!



  • 釈放・保釈したい

    ネクスパート法律事務所では、弁護士が1日でも速い身柄解放に向けて最善をを尽くします。



  • 示談をしたい・被害者への謝罪をしたい

    被害者の方へしっかりと謝罪の意を伝えたえ、示談交渉を行います
    執行猶予や不起訴を獲得する上でも示談交渉は非常に重要なポイントです。



  • 会社・学校に知られたくない

    ネクスパート法律事務所では会社や学校に知られないためのアドバイスはもちろん、解雇・退学にならないためのケアも行なっております。



  • 面会したい・
    手紙を差し入れたい

    逮捕から勾留決定されるまでの最大72時間は、唯一、面会(接見)できるのは、弁護士だけです。
    面会(接見)・差し入れに関するお悩みを私たちにご相談ください。



  • 執行猶予の獲得をしたい

    ネクスパート法律事務所では執行猶予を獲得する為、被告人の実刑の必要性がないこと、前科がないことなど、また十分反省を示していること、これまで通りの生活を送る必要があることなどを裁判所に主張し、日常生活に一日でも早く戻れるように、最善を尽くします。



  • 自首に付き添ってほしい

    犯罪の事情によっては、自首及び、自主的に出頭することにより、逮捕や起訴を免れることになる場合があります。自首や出頭を考えている方は、まずは弁護士にご相談ください。