自首をしたいと思ったら? -まずは弁護士にご相談ください。-

「警察がいつ来るのか恐れながら生活するのは耐えられない」、「罪を償いたい」などと思い、
「自首したい」と思ったらどうしたらよいでしょうか。

自首したいと思われている方は、自分の行った罪について誰にも話すことができず、精神的に大変な苦痛を感じていらっしゃると思います。また、事件の渦中にあるので、往々にして冷静かつ客観的に判断することができない状態にあると思います。

弊所の弁護士にご相談くだされば、お話をよくお聞きした上で、自首することのメリットとデメリット、自首した後の逮捕や裁判の見通しなどをご説明し、どのようにすべきかをアドバイスさせて頂きます。弁護士には厳しい守秘義務が課されているので、話した内容が外部に漏れることは絶対にありません。

自首とは?

「自首」というと、罪を犯した人が警察に自ら出頭することというイメージがあると思います。
しかし法律上の「自首」はより狭い概念となります。

法律上の「自首」とは、犯罪が起こったことや犯人が誰かについて捜査機関が知る前に、犯人自らが捜査機関に『自分が犯人です』と申告することです。つまり、犯人が誰かについて捜査機関がすでに分かっている段階で、その犯人が警察に出頭しても法律上の「自首」にはあたりません。

自首を弁護士に依頼するメリット

法律上の「自首」にあたる場合は、裁判官が刑を減軽できるという効果があります。

また、弁護士が、依頼者の代わりに警察への申告を行い、また、依頼者が警察へ出頭する際には付き添うことができます。弁護士が付き添う場合は、まず弁護士が警察に必要な説明を行った上で、警察に依頼者の取調を行ってもらうよう手配いたします。

依頼者は神妙な態度で自首をするのですから、自分に有利な事情を堂々と話すことは憚られるでしょう。その点、第三者である弁護士であれば、やむを得ず犯行に至った事情など、言うべきことを警察にしっかり説明することができます。

また、当初から弁護士が関わることにより、その後の逮捕や裁判においても、依頼者に有利になるように最善を尽くすことができます。例えば、弁護士が被害者との示談を早期に行って、告訴を取り下げてもらうこともあり得ます。

犯罪の事情によっては、自首及び、自主的に出頭することにより、逮捕や起訴を免れることになる場合があります。自首や出頭を考えている方は、まずは弁護士にご相談ください。

「法律上の自首」は犯罪事実の発覚前に行動することが必要です。スピードが重要な刑事事件は弁護士にお任せください。

もっと詳しく知りたい方はコチラ



  • 逮捕されたら

    刑事事件は対応のスピードが重用です。逮捕された場合、ご家族であっても72時間は面会が認められていません。できるだけ早期に弁護士に相談を!



  • 釈放・保釈したい

    ネクスパート法律事務所では、弁護士が1日でも速い身柄解放に向けて最善をを尽くします。



  • 示談をしたい・被害者への謝罪をしたい

    被害者の方へしっかりと謝罪の意を伝えたえ、示談交渉を行います
    執行猶予や不起訴を獲得する上でも示談交渉は非常に重要なポイントです。



  • 会社・学校に知られたくない

    ネクスパート法律事務所では会社や学校に知られないためのアドバイスはもちろん、解雇・退学にならないためのケアも行なっております。



  • 前科をつけたくない

    ネクスパート法律事務所では不起訴処分を獲得できるように全力でサポートいたします。不起訴を獲得することで、今後の生活において不利益を生む可能性のある前科をつけないようにいたします。



  • 面会したい・
    手紙を差し入れたい

    逮捕から勾留決定されるまでの最大72時間は、唯一、面会(接見)できるのは、弁護士だけです。
    面会(接見)・差し入れに関するお悩みを私たちにご相談ください。



  • 執行猶予の獲得をしたい

    ネクスパート法律事務所では執行猶予を獲得する為、被告人の実刑の必要性がないこと、前科がないことなど、また十分反省を示していること、これまで通りの生活を送る必要があることなどを裁判所に主張し、日常生活に一日でも早く戻れるように、最善を尽くします。