痴漢冤罪で逮捕されたら

痴漢をしていないのに疑われたら?-逃げた方がよい?逃げるリスクとは?-

最近、痴漢を疑われた人がホームを降りて逃げたとの事件がときどき報道されています。
しかし、線路を走るのは非常に危険ですし、たとえその場は逃げおおせても監視カメラ映像などによりいずれは逮捕される可能性があり、そうなった場合は、一層犯罪を疑われることになり、勾留や裁判で不利になるリスクがあります。

痴漢をしていないのに疑われた場合は、その現場を動かないで、「私はやっていません」と大きな声でしっかりと主張すべきです。それでも、痴漢をされたと主張する人や駅員などが犯人扱いして解放しないのであれば、弁護士に電話してアドバイスを求めたほうがよいでしょう。ネクスパート法律事務所は痴漢冤罪の無料相談を実施しております。突然に法律事務所に電話するのは気が引けるかもしれませんが、あなたの一生がかかっていると言っても過言ではありませんので、お気軽にご連絡ください。

疑いを晴らす方法として

その場で疑いを晴らす方法として、痴漢をされたと主張する人に、電車のどこで、いつ(どの駅とどの駅の間で)、どのように触られたのか(どちらの手で体のどこを触ったのか、その時の二人の立ち位置と姿勢)、なぜその人が犯人と思ったのかを説明してもらいましょう。具体的に説明できなかったり、事実と反する部分があったりすれば、痴漢されたとの主張は疑わしいということになります。また、その音声を録音しておけば、後で証拠になります。

また、交通警察や駅員に、手の繊維片を採取することを自ら要求したり、防犯カメラ映像を確認するように求めたりすることも効果的です。いずれにしても、その場を何とかしのごうとして自ら罪を認めることは絶対にしてはいけません。相手が言い分を聞こうとしないのであれば、一切黙秘すべきです。十分な嫌疑がないのに、人を逮捕、連行することはできません。

痴漢冤罪で逮捕・連行されてしまったら

疑いを晴らすことができず、逮捕されて警察に連行されてしまったとしても、まだ遅くはありません。ご本人、または、逮捕の通知を受けたご家族の方から弁護士に相談すべきです。

弁護士にご依頼いただければ、一刻も早く釈放されるように、証拠を揃え文書を作成し、検察庁に申立てを行い、裁判官に準抗告という拘留に関する不服申立てを行うなど、最善の努力をします。また、ご本人と面会して、圧力に屈しないように励ますとともに、法律的なアドバイスをして取り調べにおいて不利にならないようにします。不当な圧力が加えられたり署名押印を強要されたりするなどの違法な捜査が行われた場合は、直ちに警察署長や検察官に抗議をして止めさせます。

裁判になった場合は、弁護士が被害者や目撃者の供述調書を詳細に検討します。例えば、客観的な事実に反していたり、証言が前後で矛盾していたり、最初は証言していなかった内容を後から細かく証言していたり、ほかの部分は詳細に証言しているのに肝心の部分の記憶があいまいであったり、真実に反する証言には必ずどこかに綻びがあるはずです。法廷で証言するなら、反対尋問でこのような矛盾を暴き出します。

また、実際に痴漢が行われた状況を再現して検証し、手が届かないことや側に立っていた別人が痴漢をした可能性があるなどの矛盾点を暴き出し、裁判官に主張していきます。

痴漢を疑われたら、まず弁護士に相談してください。
弁護士があなたの冤罪を晴らし、逮捕・拘留から解放するサポートをいたします。

もっと詳しく知りたい方はコチラ



  • 釈放・保釈したい

    ネクスパート法律事務所では、弁護士が1日でも速い身柄解放に向けて最善をを尽くします。



  • 示談をしたい・被害者への謝罪をしたい

    被害者の方へしっかりと謝罪の意を伝えたえ、示談交渉を行います
    執行猶予や不起訴を獲得する上でも示談交渉は非常に重要なポイントです。



  • 会社・学校に知られたくない

    ネクスパート法律事務所では会社や学校に知られないためのアドバイスはもちろん、解雇・退学にならないためのケアも行なっております。



  • 前科をつけたくない

    ネクスパート法律事務所では不起訴処分を獲得できるように全力でサポートいたします。不起訴を獲得することで、今後の生活において不利益を生む可能性のある前科をつけないようにいたします。



  • 面会したい・
    手紙を差し入れたい

    逮捕から勾留決定されるまでの最大72時間は、唯一、面会(接見)できるのは、弁護士だけです。
    面会(接見)・差し入れに関するお悩みを私たちにご相談ください。



  • 執行猶予の獲得をしたい

    ネクスパート法律事務所では執行猶予を獲得する為、被告人の実刑の必要性がないこと、前科がないことなど、また十分反省を示していること、これまで通りの生活を送る必要があることなどを裁判所に主張し、日常生活に一日でも早く戻れるように、最善を尽くします。



  • 自首に付き添ってほしい

    犯罪の事情によっては、自首及び、自主的に出頭することにより、逮捕や起訴を免れることになる場合があります。自首や出頭を考えている方は、まずは弁護士にご相談ください。